トイレットペーパーの必要な量

トイレットペーパーの適切な量とは、どれぐらいでしょう。日本トイレ協会の発表によると、トイレットペーパーの1回の平均的な使用量は、小便の場合で80cmだそうです。ミシン目の長さが15cm程度と考えると、約5ミシン目ぐらいが平均的な使用量になります。

男女別の1日の量を比較すると、女性は12.5m、男性は3.5mということで、男女で大きな差があります。この結果からすると、トイレットペーパーをたくさん使っている女性の方が、トイレをつまらせる確率が高くなると言えるかもしれません。

衛生的しかし、トイレットペーパーの量が少なすぎても、衛生的に不安です。衛生的に考えて必要とされるトイレットペーパーの長さですが、大便中にある大腸菌は、トイレットペーパーを多少厚く使ったところで、手についてしまうそうです。トイレットペーパーを使うだけでは防ぎきれず、排便後に手を洗う必要があります。

トイレットペーパーを流す場合に、「水の量」も関係してきます。トイレのレバーは「大」と「小」に分かれていますが、トイレットペーパーを多めに使ったときは、水量のある「大」を使った方がいいかもしれません。「小」だと、流れないおそれがあります。トイレットペーパーの使用量と水の量のバランスを考えて流しましょう。

関連サイト>>>トイレのつまり解決法:水道救急センター